› はし漫遊記

スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2018年10月22日

台南州有志の集い様 伊勢の旅

終戦後、台南(台湾)から日本へ引き揚げて来られた皆様の旅行を毎年実施させていただいています。                                                          皆さんまだまだお元気で今年は伊勢と志摩の旅。また来年おお会いする日を楽しみにしています                 



  

Posted by 橋詰英樹 at 17:54Comments(0)

2018年09月03日

憧れの輪厚(札幌ゴルフ倶楽部)でプレー

先週、北海道で憧れの札幌ゴルフ倶楽部輪厚コースでプレーしました。face03

猛暑の福岡を離れ、快適な気候、さすがのメンテナンスで美しいコース最高でした。

スコアは54・48の102とまんまとやられてしまいましたが私は勿論、お客様も皆さん満足されてました。

今月のANAオープンの観戦(テレビで)が楽しみです。

  

Posted by 橋詰英樹 at 09:02Comments(0)

2018年07月06日

メコン川でのニシキヘビ

先日、添乗したベトナム(ホーチミン)ツアーでの1コマ

ミトーのメコン川クルーズで立ち寄った島(中洲)にて
笑顔で15kgもあるなかなか大きなニシキヘビを首に巻くお客様face08

他のお客様曰く、この方はだいぶ飲んで酔っているので
怖くないとのこと。納得face02



  

Posted by 橋詰英樹 at 16:49Comments(0)

2018年06月28日

青の洞窟(沖縄)

青の洞窟というとイタリア南部のカプリ島が有名ですが。。

沖縄本島の恩納村にも青の洞窟があります。
本家イタリアに勝るとも劣らない透明度の高く美しい場所。

こちらの醍醐味は何と言っても潜ること。
といってもダイビングだけではなく、シュノーケリングもOK

沖縄旅行の際に是非体験を!



  

Posted by 橋詰英樹 at 09:25Comments(0)

2018年05月07日

砂漠の中の5つ星ホテル@ドバイ

初日の宿泊は砂漠の中にある5つ星ホテル
『バブアルシャムスデザートリゾート&スパ』face02

こんな砂漠の中に広大で豪華な5つ星ホテルとはさすがドバイface03
アラブ料理、インド料理、イタリアン、インターナショナルレストラン、カフェ、バーなどが揃い、広々としていて砂漠を見渡すプールやスパも充実。

特に人気は夕食のアラブ料理のレストラン。
メインの宿泊、レストラン塔から少し歩くと広大なキャンプ場が。
こちらでは砂漠の中、星空を眺めながら豪華なビュッフェの料理を
楽しみつつ、ダンスや音楽のショーなどの鑑賞が出来、宿泊者以外でも多くの観光客が訪れます。

  

Posted by 橋詰英樹 at 11:13Comments(0)

2018年05月02日

白亜の超豪華モスク 

UAEのアブダビにある『シェイクザイードモスク』へ
行ってきました。

完成後まだわずか10年ですが、とにかくそのスケール、
豪華さ美しさにびっくりface03


床一面ぴかぴかの大理石!




↑金色の装飾は本物の18金


金とスワロフスキーのクリスタルを使った
超豪華なシャンデリア


床一面には贅沢にもほどがある
世界最大のペルシャ絨毯icon196  

Posted by 橋詰英樹 at 09:25Comments(0)

2018年05月01日

アブダビのハヤブサ病院(ファルコンホスピタル)

アブダビのファルコンホスピタル(ハヤブサ病院)へ行ってきました。

*ファルコンというと日本ではハヤブサを意味しますが、
 現地の人曰く、タカの子供がハヤブサと言い張っていましたface06
 

アラブではタカの飼育が人気らしく、タカの飼育には高額な費用がかかるらしく
タカを持っている事は富の象徴らしい face03

ここではタカの治療の他、(富豪から?)預かっているタカの飼育、トレーニングなど
請け負っている。

タカのホテル、トレーニングルーム、ジャクジー(という名の砂場)など贅沢な設備が揃う。
さすがアラブ







  

Posted by 橋詰英樹 at 17:42Comments(0)

2018年02月22日

おすすめカニ料理の宿



金沢市内から車で約40分ほどのかほく市の
民宿『やまじゅう』さんにいってきました。

とにかく料理が良いと地元でも評判の宿。
北陸の冬の幸といえば何と言ってもカニ。

新鮮で美味しいのは勿論のこと、驚くのはその料金と
料理のボリューム。この値段でこんなにカニが!!と思う程。


大食漢の私も平らげるのに精一杯face03
大満足の宿でした。  

Posted by 橋詰英樹 at 11:35Comments(0)

2018年01月30日

タイ(パタヤ)の名門コース 『サイアムカントリー』



先日、タイのパタヤビーチへ行ってきました。

今回もお客様の要望で名門『サイアムカントリークラブ』を予約。
(オールド、プランテーション、ウォーターサイドの3コース。
残念ながらオールドが予約は取れず、プランテーションと
ウォーターサイドで2プレー)

プレーされた皆様全員が良いコースだったと満足face02

世界のベスト100コースにも選ばれ、
来月も『HONDA LPGA THAILAND 2018』が開催される
世界的コース。過去には宮里藍選手も優勝しています。

タイでゴルフの際はおすすめです~face01  

Posted by 橋詰英樹 at 09:43Comments(0)

2018年01月05日

船上プロポーズ

久しぶりのハワイ添乗。icon125

船上で年越しのカウントダウンを迎えましたicon19

デッキで突然、男性がひざまずき指輪を女性に手渡し
プロポーズ

見事に成功!!icon06 

ついつい花火よりそこの2人に集中してしまいましたface03


  

Posted by 橋詰英樹 at 16:53Comments(0)

2017年12月19日

台南 母校訪問

2017年12月16日(土) 旧台南第一高等女学校(現 国立台南女子高級中学)の創立100周年記念式典
参加してきました。

今回のツアーのご参加者は母校の出身者やそのご親族の方々。
台湾(台南)で産まれ、こちらの学校に通っておられました。
終戦後、日本に引き上げられ、その後は日本で暮らす皆さんですが
母校の式典に参加。

わざわざ日本からの先輩に熱烈大歓迎していただき
皆さんも感激face08

現地の新聞にもとりあげられました




  

Posted by 橋詰英樹 at 16:34Comments(0)

2017年11月17日

世界遺産モンサンミッシェル



久しぶりに世界遺産モンサンミッシェルにいってきました。

今回初めて泊まったホテル『ルレサンミッシェル』
モンサンミッシェルに最も近くに位置しており、
客室からモンサンミッシェルがみられる贅沢なホテル

いちおしいです~face02  

Posted by 橋詰英樹 at 20:12Comments(0)

2017年09月29日

新人添乗員のマジックショー

今回はお世話になっている某呉服会社の添乗で
壱岐島(長崎県)1泊2日の旅へ

当社新入社員張(ちょう)がサブ添乗員として
同行。

昼食時にはチャイナドレスに着替え、
練習してきたマジックを披露

何とか成功。
お客様からは暖かく見守っていただき一安心face02




  

Posted by 橋詰英樹 at 11:57Comments(0)

2017年09月19日

北海道で愛されるビール 『サッポロクラシック』

北海道は美味しいものが満ち溢れている。

ビールもまたその1つ。
(水が綺麗で、各ビールメーカーの工場が揃っているから
であろう)

競争の激しい北海道のビール戦争。
その中で圧倒的に人気で愛されている
サッポロビールの『サッポロクラシック』

北海道限定販売の為、なかなかお目にかかる機会は
少ないビールである。

1度飲んでもらえばわかるこのクラシックの美味しさ。
苦味が少ないが、しっかりとしたコクと味わいがあり
私も大好きなビールですface02

北海道に訪れた際は是非サッポロクラシックを!!

  

Posted by 橋詰英樹 at 19:43Comments(0)

2017年08月01日

タイの高原リゾート・カオヤイ③

カオヤイ滞在5日目。
(深夜便で帰国)

今日は日本チームのみでゴルフ&ホテル視察で
『キリマヤゴルフリゾートスパ』

初対面の方ばかりでしたが、すっかり皆さん仲良し。
昨日よりいいゴルフ場(私見ですが)で最高の天気の中でプレー(またスコアは最低icon198



終了後はコースを眺めながらのランチ
(タイ料理美味しかった)



その後は、カッコいいGMの案内によりホテル視察



珍しいテントのスイート



今回、こんなに素晴らしいトラベルマート&研修をアテンドしていただいた
タイ国政府観光庁のMマネージャー、タイ航空の3名(福岡のK部長、名古屋のMさん、
大阪のMさん)を筆頭にご一緒させていただいた皆さんに大変感謝しております。
ありがとうございました!!
  

Posted by 橋詰英樹 at 11:03Comments(0)

2017年08月01日

タイの高原リゾート・カオヤイ②

カオヤイ滞在4日目。
楽しみにしていたゴルフface02

TGTM2017主催で『ラーンチョ・チャンビーGC』にて
世界中の方々とのコンペ。

コースは最高(グリーンがアンジュレーションが強く難しい~)。スコアは最低。



ゴルフコンペ終了後、
ワイナリー視察&ディナーで『PBバレー』

宿泊先のボタニカカオヤイホテルからバスで約30分。
立派なワイナリーに到着。
歴史はまだ20年ぐらいとのことですが、
ワインの完成度も年々良くなっているようで、特に赤ワインが
美味しかったです。
ポークチャップは珍しいリンゴのソースがぴったりでこれもまた美味。








  

Posted by 橋詰英樹 at 10:48Comments(0)

2017年08月01日

タイの高原リゾート・カオヤイ①

タイの高原リゾート『カオヤイ』へ行ってきました。

カオヤイはバンコクの北東約180Km。
世界自然遺産カオヤイ国立公園を有し、避暑地として
人気のリゾート。
酷暑の日本から来ると天国のような涼しさ
face02

今回はツアー添乗ではなく、タイ国政府観光庁の招待で『タイゴルフトラベルマート2017(TGTA20147)』の参加。

タイ政府観光庁がゴルフ関連のサプライヤー(ゴルフ場、ホテル等々)と
世界中からバイヤー(旅行会社、メディア等)を招き大規模な商談会を開催。

私自身初めてのカオヤイ、初めてのトラベルマートへの参加。
まさか山奥の田舎町にこんな立派なリゾートがface08
コンベンションホールも巨大で立派、トラベルマートの規模、洗練さ、豪華さにびっくり!

貴重な情報、人脈が得られ大満足face02










  

Posted by 橋詰英樹 at 10:31Comments(0)

2017年06月13日

タイのサグラダファミリア

タイのパタヤにある通称『アジアのサグラダファミリア』こと
サンクチュアリオブトゥルースへ行ってきました。

タイの富豪の個人資産により建設が開始され、
36年前(1981年)から着工後も未だに建築中の建造物。
完成予定未定face08

100mの高さを誇る尖塔や美しく無数の彫刻に
圧倒され一見の価値があります。

びっくりの外観!


美しい無数の彫刻の数々


裏側には仏面、象などの巨大な彫刻も


ヘルメットをかぶり中へ


職人さん達が彫刻を作成中


庭では象乗りも出来たりお子様でも楽しめます。
  

Posted by 橋詰英樹 at 09:31Comments(0)

2017年01月17日

ボラカイレポート③

帰国


帰りのカティクラン空港までは送迎サービスを
使わず自力でいってみました。

まずはホテルを出て港まで
バイクタクシーで15分(50ペソ 約120円)
     ↓
着後、港で乗船券を購入(35ペソ 約80円)
次の港利用料を支払(100ペソ 230円)
その後、乗船(約15分)しカティクラン港へ
     ↓
カティクラン港から
トライシクルで空港へ約3分
(50ペソ 120円)
     ↓
カティクラン空港無事到着  

セブパシフィックチェックインカウンターでチェックイン
※スーツケースはここで預けますと福岡空港で受取れます。
 (マニラでの受取り不要)


中の待合室。
とにかく冷房で寒いので上着の持参を


お店はここのみ。
ホットドッグ、コーヒー程度は売ってます。


搭乗後、1時間でマニラへ

ターミナル3到着。
行きと同様、1F出口を出て3階出発ロビーから
搭乗待合室へ
T1やT2と比べると店の数は多い方です。






両替所も

喫煙室も

PCの利用も

  

Posted by 橋詰英樹 at 16:14Comments(0)

2017年01月17日

ボラカイレポート②

早朝便でボラカイ(カティクラン空港)へ1時間のフライト

~カティクラン空港のあるパナイ島からボラカイ島への移動~

カティクラン空港到着ロビーにて
ボラカイ島のホテルまでの送迎サービスがあります。
カウンター『TRANPORTATION』にて書類に必要事項を記入(名前、ホテル名等)、
代金の支払い(600ペソでした) 


ターンテーブルから預けたスーツケースを受取り、
出口へ。
送迎サービスの係員の案内でまずはワゴン車に乗車(相乗り)
カティクラン港へ移動(約3~5分ほど)


港に着後、係員が船まで誘導してくれる
この船でボラカイ島まで約15分程度




ボラカイ島到着。
下船すると、現地でまた送迎の係員が車(軽トラックような日本車)
に乗車(相乗り)
乗車しているお客さんの各ホテルへ送り。
このサービスがあれば心配なホテルへの移動も安心ですね



ホテル到着。
グランドボラカイリゾート(4つ星)

敷地は広いが、建物・設備は古い。
もっとも賑わう『dモール』に近く、ビーチ沿いではないが大変便利。







『dモール』を抜けて早速ホワイトビーチへ(徒歩3分程度)
海は青く透明度もかなり高い。
4kmに及ぶ白い砂浜のビーチはゴミ等もあまり落ちていなくて
砂の粒が細かく裸足であるくのもとても気持ちがいいです。








ダイビングショップ『ボラカイスクーバ』へ
日本人スタッフが常駐で安心です。

料金もボラカイは安くおすすめです。

体験ダイビング(3時間 3500ペソ<約8,000円>)




昼食はビーチ沿いの『ジョニーロケッツ』でハンバガー
goodでした!





夜も賑やかなdモール




ボラカイスクーバの澤村さんに紹介いただいた
dモール内のレストラン『バルハラ』へ
オージービーフのフィレステーキ(690ペソ 約1,500円)
値段も手頃でなかなか良かったです。


翌日の昼食
こちらも澤村さん紹介の店へ
ビーチ沿いのディストリクトという建物内のイタリアンレストラン
『カルーソ』へ
ピザはマルゲリータ、スパゲッティはボロネーゼを注文

イタリアンはフィリピンの他の地域で何度か食べたがほとんど
失敗だったので期待していませんでしたが、このレストランは
美味しかったです。ピザも本格的でスパゲッティもアルデンテ。


ビーチ沿いのデラックスホテル
ヘナンリージェンシー



  

Posted by 橋詰英樹 at 16:01Comments(0)